メダカやカラーサザエ

メダカやカラーサザエ石巻貝ビオトープに詳しい方に質問です。 はじめてビオトープに挑戦しております。 野良猫やカラスが毎日庭にきてしまうので、設置場所は屋内の南側窓際で、よく陽が当たるところにしました。 まだ三日前に姫睡蓮を植え、浮き草を浮かべたところで、スカスカの状態です。今夜、通販で購入したメダカが二匹到着する予定です。また、いずれ苔対策に、カラーサザエ石巻貝を仲間入りさせたいと思っております。  そこで質問なのですが、  1. メダカの飛び出し防止の為に鉢の縁から2センチ下に水面がくるようにしました、更にスダレを切って巻き、鉢の縁から12㎝程の高さで囲いをしましたが、カラーサザエ石巻貝はこのぐらいのスダレでもどんどん這い出てしまうでしょうか?  2. 鉢は幅30㎝、奥行30㎝、高さ15㎝と小型ですが、底砂からの水位が7㎝程ではメダカには水が少なすぎるでしょうか?ちなみに、ぶくぶくブロックを一つ入れてあります、今のところ、メダカは2匹だけ来る予定です。  3. 苔対策の貝は、このスペースで何匹ぐらいが適切でしょうか?  4. このスペースで飼えるメダカは何匹までくらいでしょうか?  以上、まとまらない質問ですが、宜しくお願いします。

睡蓮系は強光が必要なので(屋外だと半日くらい日光が当たる) 室内でしかもスダレをした隙間からの光だけだと育たないかも。 ※画像の浮き草もそこそこな光量がいる種類です。  1.サザエ石巻貝は飼ったことがないのですが、 高さがあってもフタが無い限り脱走して干からびそうですね…。 本来汽水にいる貝なので、淡水だと長生きしないかも。 低水温にも弱いそうです。室内でも15℃以下だと厳しい。 冬はヒーターを使った方がいいですね。 無加温飼育したいなら入れない方がいいです。 私はヒメタニシとレッドラムズホーンを入れていますが (昔石巻貝も飼っていました) 脱走して☆になった事はないです。低温にも強いです。 2匹以上なら淡水でも繁殖可能。  2.底は砂利でしょうか? 砂利は土のように養分がないので、肥料を足してあげてください。 できれば睡蓮用の粘土質の土の方がよく育ちます。 砂利を大量に入れて水量が少なくなっているなら 減らすかなくして、小鉢に土を入れて睡蓮を植えた方がいいです。 鉢は睡蓮鉢に水没。 エビやドジョウをいれるなら隠れ家になりますが、 メダカは壺にこもる習性はないのでなくてもいいです。 水草光合成すれば酸素を出しますし メダカは酸欠には強い方なので、酸素ブロックはなくてもOK。  3.サザエ石巻貝を入れるとしたら2〜3匹で十分だと思います。 ※汽水で無いと増えませんが卵は産み付けます。 ☆になったら追加してください。  4.濾過装置やエアレーションがない状態だと メダカ1匹2L位の水量を確保してください。 メダカ2匹(パイロットフィッシュ)を入れて、 1ヶ月位はこまめに少量の水換えを。 水が安定したら週1回1/3程度で維持できます。 ちなみに、直径30cmの円柱だとして 水深が7cmしかないと水量は5Lしかありません。 2〜3匹が限度です。 水量がすくないと水温変動が激しくなるので 病気にもなりやすくなります。 最低10L以上の水量があったほうがいいですよ。 そのためにも砂利は減らした方がいいです。

同人イベントのサークル名の被りについてです。  ツイッターでサークル名を出してくれる診断を見つけ、その中で気に入ったものを同人イベントのサークル名にしようと考えていました。  しか しGoogleで被りがないか検索したところ、既に使われていたようです。 けれどその方と私のジャンルは別で、相手方は何年もそのサークル名でやった様子もなく、大手でもなさそうです。 今年初めてそのサークル名にしたような感じでした。 ❪とらのあななどの同人誌を取り扱っている通販にもありませんでした❫  漢字+英語❪カタカナ表記❫の素敵なサークル名だったのですが、やはり別のサークル名にしたほうが良いのでしょうか? 読みは同じだけど漢字+英語❪カタカナ表記❫の英語部分を英文❪アルファベット表記❫やひらがなにするといった表記でもやめるべきでしょうか?

以前に、コミケなどの大型の即売会でサークル名のかぶりはどれくらいあるか?みたいなことを調べていた方がいました。 面白いことするなあ、と思ってその結果を見させていただいたのですが、けっこうサークル名被っているものが多い、という結果が出ていて興味深かったです。 同じジャンル内でも被ってしまってる、という場合もありましたし、参加している全てのサークル、まで範囲を広げるともっとでした。  この世の中に『言葉』はたくさんありますが、自分が「この単語はいいなあ」と思うものは、だいたい他の誰かも「素敵だな」と思っているものだと思います。 人間の想像力って無限にありそうで意外と自分が既に知っているものの中でしか広がらないものなので、同じこと考える人は大勢います。  なので個人的にはすごい頭をひねって考えて、これは誰も思いつかないだろう、と思うことでも既に他の誰かがそれをしていた、「あ、しまった被った」という状況も大いにあり得ると思っていますし、それでもその言葉を使いたいなら使えばいいじゃない、と思います。 その、検索して出て来たサークルさんがもう大手のすごい人気作家さんで、「(サークル名)といえば(その作家)さん!」というレベルで世の中に認知されているほどなら、あるいは活動ジャンルが同じで今後関わりを持つ可能性があるなら、後出しは不利なので止めた方がいいと思いますが、ジャンルが違って始めたばかりっぽくて…というなら、「じゃあまあそんなこともあるよな」で済む話だと思います。  例えば人の名前はとても大事なものですが、世の中には同姓同名の人が何人もいる場合はありますよね。 クラスメイトと漢字違いの同姓同名とか、取引先に漢字までぴったり同姓同名がいた、とか。 でもそれでその同じ名前の人同士で、どっちかの価値が劣るのかといえばそういうわけでもないと思います。別の人間ですし、別の魅力があるのだし。  質問者さんが、どうしても絶対世界に一つだけのオンリーワンの誰とも被らないものがいい、というこだわりがあるなら別ですが、別にぱくったわけでも何でもないのなら、自分が「これがいい」と思ったものをつけるのが一番なのではないでしょうか。